製法

古代からの伝統の技 「水萌千本杵搗製法」

八ヶ岳山麓のそばの実を甘皮付きのまま低温水につけて、人間の手でできない部分を千本杵搗機で直捏ねして、そばの生地にする。

粗搗きでありながら手打ちで細切りにするという矛盾を解決する職人技。

甘皮のあまみとそばの香り高い手打ち「どうづきそば」の出来上がり。

古代からの伝統の味を再現!
千本杵搗機

千本杵搗機は、そば職人の腰への負担を軽減する、人にやさしい機械です。