1. ホーム
  2. 新着情報・セミナー
  3. お知らせ
  4. 退職自衛官の雇用について(自衛隊長野地方協力本部からのお願い)

退職自衛官の雇用について(自衛隊長野地方協力本部からのお願い)

自衛隊は、精強性を保つため若年定年制また任期制という制度をとっており、多くの自衛官は定年の場合50歳代半ばで、任期制の場合は20代で退職することから、その多くは退職後の生活基盤の確保のために再就職が必要であります。

自衛隊長野地方協力本部 長野地域援護センター(松本駐屯地内)は、退職隊員の再就職のため求人情報の収集・提供により、厚生労働省から無料職業紹介の許可を受けた「自衛隊援護協会」が実施する隊員に対する職業紹介の取次等を行い、求人情報と求職情報のマッチングを主体とした職業紹介に対する協力を行う援護組織です。

厳しい訓練や行動の中で培った強い責任感、実行力、また職務に応じて身につけた隊員の技術等は、退職後も様々な分野で活用でき、地域・企業においてもお役に立てると考えております。ぜひ、退職自衛官の雇用についてご検討をお願いいたします。
詳細につきましては下記連絡先までお問い合せください。

 

【退職自衛官の雇用に関するお問い合せ先】
自衛隊長野地方協力隊本部 長野地域援護センター
http://www.mod.go.jp/pco/nagano/index.html

TEL.0263-26-2766 (内線:606・607)